• ホーム
  • ED治療薬を研究している医薬品メーカー

ED治療薬を研究している医薬品メーカー

EDは、日本語では勃起不全と訳されるもので、男性特有の悩みです。
勃起不全とは言うもののEDの定義では満足な性交渉が出来ない状態であればEDとされます。
このためまったくペニスが勃起しない状態から、勃起はするもののその状態が維持できないといったケースも含まれます。
勃起不全となる原因はさまざまですが、一般的には何らかの理由によって性的興奮があるものの、ペニスを勃起させるための血流量が少ないまたは起らないということがあります。
以前であれば、精力剤といった民間療法で対処するのが一般的でしたが、現在ではED治療薬が登場しており病院で治療することが可能です。
ED治療薬として有名なのはバイアグラですが、同時期に開発されたものとしてレビトラがあり、後発のシリアスなどがあります。
またそれら医薬品のジェネリック医薬品も登場しています。
いずれの場合もその作用としてはペニスに対しての血流量を増やすといったものになります。
このためこれらの治療薬を服用した場合には性欲が増すわけではなく勃起しやすい状態を作り上げることが目的になります。
ED治療薬を研究している代表的な医薬品メーカーは3社あります。
バイアグラはアメリカのファイザー社が開発した薬であり、またレビトラはドイツのバイエル社が開発したもので、シリアスはアメリカのイーライリリー社が開発しています。
一方でバイアグラのジェネリック医薬品にあたるシルデナフィルは陽進堂・あすか製薬など国内メーカーでも製造されていますが、レビトラやシリアスは国内メーカーによるジェネリック医薬品の製造はありませんが、インドの製薬会社が製造販売しており個人輸入などで購入することが可能です。

人気記事一覧